法事・法要とは

 法要は一般的に法事といい、死者の冥福を祈り供養をするために営む仏教の儀式です。仏教では死後7日目ごとに法要を営み、これを「中陰の七仏事」といいます。

  1. 住職にお経をあげてもらうことを  法要
  2. 法要と後席の食事も含めた行事を  法事



 法要知識①
❖主な行事(法要)

 仏教では、人が亡くなってからの7週間は、7日ごとに死後の世界の裁判官である閻魔様による生前の功徳に対する裁判が行われるとされています。(この期間死者は現世とあの世の境を彷徨っているとされています) そこで、故人の霊が無事に浄土に行くことができ、成仏するようにと7日ごとに供養する習わし事。

初七日(しょなのか)  7日目 初願忌(しょがんき)

※関東では亡くなった日を入れて七日目、関西では亡くなった日の前日から数えて七日目ともされています。

死者が三途の川のほとりに到着する日であるとされています。川の流れが緩やかなところを渡れるようにと願って営むのが初七日法要です。
 二七日(ふたなのか) 14日目 以芳忌(いほうき)
 三七日(みなのか)  21日目 洒水忌(しゃすいき)
 四七日(よなのか)  28日目 阿経忌(あぎょうき)
 五七日(いつなのか) 35日目 小練忌(しょうれんき)
 六七日(むなのか)  42日目 檀弘忌(だんこうき)
 七七日(なななのか) 49日目 大練忌(だいれんき)

※亡くなられて三日目に行われる法事の事を開蓮忌(かいれんき)といいます。

四十九日で 「満中陰」といい、故人の死後の行き場所の決まる重要な日です。

そのため、四十九日法要は、近親者や友人・知人を招いて僧侶に読経し浄土へと導いていただきます。


お問い合わせ お坊さん安心便
TEL(代)0120-194-760
営業時間 24時間(年中無休)


 法要知識②
❖命日

 命日には毎月訪れる日もあります。いわゆる“月命日”のことですが、正式には“月忌(がっき)”と呼び、亡くなった日と同じ日をにちをいいます。4月1日に亡くなったのあれば1日が月忌になります。月忌には、特に人を招くことはしないで身内だけで済ませることが多く、墓参りなどをしますが、月忌に合わせてお寺に伺うことを“月参り”といいます。
そして、毎年巡ってくる故人の亡くなった日を“祥月命日(しょうつきめいにち)”と呼び、命日のある月のことを“祥月(しょうつき)”と呼びます。“亡くなった日”という捉え方とは別に、“仏に生まれ変わった誕生日”という捉え方もするようです。祥月命日に営む追善供養の法要のことを“年忌法要”といいます。亡くなって1年経った“一周忌”には僧侶に読経をお願いし、法要を行います。


お問い合わせ お坊さん安心便
TEL(代)0120-194-760
営業時間 24時間(年中無休)


 法要知識③
❖忌明け(四十九日後:法要)

※四十九日までを忌中といいます。

百ヶ日(ひゃっかにち)100日目 卒哭忌(そっこうき)

年忌法要

一周忌  (満 1年目)
一周忌までが喪中(もちゅう)であり、以降
 「喪が明ける」ことになります。

三回忌  (満 2年目)
七回忌  (満 6年目)
十三回忌 (満12年目)
十七回忌 (満16年目)
二十三回忌(満22年目)
二十七回忌(満26年目)
三十三回忌(満32年目)

三十三回忌をもって完全に成仏したと考えられ
弔い上げとも言われます。

三十七回忌(満36年目)
四十三回忌(満42年目)
四十七回忌(満46年目)
五十回忌 (満49年目)
百回忌  (満99年目)



お問い合わせ お坊さん安心便
TEL(代)0120-194-760
営業時間 24時間(年中無休)